<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 引越しの片付け | main | 引っ越すことになった >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    近況報告

    0
      先日、実家に帰る機会があったんですよ。 
        
      まぁその日。 
        
      帰る前のその前に映画に誘われて、待ち合わせ場所に向かうとその悠人は来ないという放置プレーを味わったんですが。 
        
      まぁその話はまた今度。 
        
      近況報告や久しぶりの実家飯。 
        
      実家というのはやっぱり独特な雰囲気ありますなぁ。 
        
      実家を出てもう二年ほど経つはずです。 
        
      出て行く時に、使っていた自室の荷物を綺麗サッパリ無くしておけ、と厳命を受けまして。 
        
      もはや自分の荷物は実家に一つもないんです。 
        
      自分の物がない実家って……もうなんか実家じゃないみたい。 
        
      懐かしさがないんだもの。 
        
      自室はもう自分の部屋じゃないんだもの。 
        
      ちなみに元自室は父のゲーム部屋になってました。 
        
      父は今ドラクエ10にハマっているようです。 
        
      ドラクエ初のネットゲームなあれです。 
        
      母と少しお話してまして。 
        
      ウチの教育方法は少しおかしかったよねーっと。 
        
      異常なほど放置主義だったんですよね。 
        
      なんかもう。 
        
      兄弟三人自由に生き過ぎですよ。 
        
      小学生くらいから、自分の行動は自分で決めなさい的な意思決定方針でした。 
        
      それで良い事もありましたけど……まぁいいか。 
        
      今日はそれを書きたくて書き始めたんじゃないんです。 
        
      引越しのとき。 
        
      全部荷物を持っていった気がしてたんですけど……。 
        
      一つ、忘れてしまったものがあったんです。 
        
      大切な思い出なのです。 
        
      それをその日、回収してきたんです。 
        
      それは―― 
        
      「斬」、というジャンプコミックです。 
        
      高校生のとき。 
        
      友人たちと、相手の誕生日に相手の嫌がるものを大量に贈るという風習がありまして。 
        
      自分のときに送られたものがこれなのです。 
        
      斬、1巻を8冊。 
        
      もう、まったくもう。 
        
      持ってきたはいいものの、もう邪魔になってきています。 
        
      そもそも贈られてから一回も読んでないんですよ実は。 
        
      5ページくらいで止まってます。 
        
      ジャンプ連載時も1話を読んだあと続きを読んでいないので、未だに話を知りません。 
        
      ああそう。 
        
      補足しておくと「斬」というこのコミックは全二巻で終わっていて。 
        
      その内の一巻を8冊貰ったということなんです。 
        
      なんで友人たちはこんなことをしたのかは未だ謎ですが……そのときの衝撃はまだ覚えています。 
        
      そう。 
        
      小芝居があったんですよ。 
        
      ピンポーン(チャイム) 
        
      ごろーう 
      「あっ、もう来たのかーそういや自宅に来るって言ってたなぁ」 
        
      友人1 
      「おう、誕生日おめでとう! これ、プレゼント!」 
        
      ごろーう 
      「ありがとー」 
        
      がさごそ(開ける) 
        
      ごろーう 
      「…………」 
        
      「斬」1巻が2冊。 
        
      ごろーう 
      「……え? なんで? なんで、これ」 
        
      友人1 
      「え? ……あっごめーん! 本棚に置いてあったのそのまま持ってきたんだけど、同じ巻だったよー(棒)」 
        
      ごろーう 
      「……あ、ああそう」 
        
      を、友人2、3、4に時間を置いて×4されました。 
        
      あー……すごい邪魔だなぁ。 
        
      斬だなぁ。 
        
      斬としか言えないなこれ。 
        
      まだ覚えてる人いるのかな、この漫画。 
        
      ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`) 
      yrwte5a * - * 21:46 * comments(0) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 21:46 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ